2015年の年末から今年に入って3回ほど神経症の世界に戻ることがあった。

どういう時に戻ったのかというと

・何となく人生が楽しくないので、楽しく生きたい

・空想と雑念を何とかしたい

・自分の生きがいは何だろう?

上記の事を考える度に神経症の世界に戻った。

どうも忙しくて、疲れている時に神経症の世界に戻りやすい気がする。

でも以前と違うのは、「戻ってる」という事が感覚的に分かる事。そして抜け出せた。

内面を何とかコントロールしようとするのはやめた。空想、雑念をコントロールして、自分の中から追い出して、無くそうとしたがやめた。

以前にも書いたが、自分の言葉で言うと、内面を何とかしようとしても無駄という事に気付くという事。そして、「考えるのをやめる」や「不安をそのままにする」というような、もっともらしいやり方が、内面をコントロールしようとしてるという事に気付いた事が大きな転機になった。そのような考え方が自分の中から出てきた時は、最大限に警戒しなくてはならない。

最後に。
「雑用をして神経症の世界を抜け出そう」なんて考えは全く出てこなかったですね。神経症スイッチが入って、また神経症の世界へ逆戻りしますので。