クレームが入ったので、削除します。

前回の投稿内容と関連しますが、「生きがい」というものも同様に違うのではないかと感じました。

今、世間から叩かれている週刊文春の2017年11月2日秋の特大号で、島田紳助さんの現在についての記事がありまして、初めて週刊文春を買ったのですが、そこに「生きがいなんてなくても、毎日楽しければ良い」という紳助さんの話を思い出しまして、同じように生きがいや目標に頼らず、毎日楽しく生きたいものだと思いました。

人生に何か目的があって、それにひたすら向かって生きる事が、神経症から解放される為の助けになると思っていたのですが、生き甲斐だ、使命だ、好きだ嫌いだ、得意不得意、そんなことをいつも考えながら生きるのは、本当は何だか窮屈で楽しくないものなのかもしれません。