次から次へと湧き上がってくる言葉や空想を意識の力で無理に抑え込もうとしない。(意識が内側へ向かったまま、神経症の世界へ戻ってしまう為)