今年も当ブログを訪れて頂き、またコメントもありがとうございました。

今年の振り返りですが、8月の終わりが転換点となりました。

ブログと掲示板にも書きましたが「生活に必要な事をする」という事についての認識の変化が大きかったです。

今までは「神経症を治す為に生活に必要な事をする」でした。
あくまで「神経症を治す為」。どこまで行っても「神経症を治す為」。
とにかく「感情の安定」を一番の価値観にしていました。

それが、なまずさんのコメントのおかげもあり「心がどうこうではなく、生活に必要な事をする。その事こそに価値がある」という価値観に変わりました。

相変わらず様々な感情の変化に苦しむ事がありますが、それでも淡々とやるべき事をするようになりました。どちらに価値を置くかで全く変わってしまいました。

以前であれば、感情に振り回される度に、神経症を治すための方法を変えていたのですが、それは心に価値観を置いていたからです。生活の流れが止まってしまう。それがなくなったのが大きいですね。

この年末は、やるべき事、やりたい事をして穏やかに過ごせています。

皆様におかれましてはどんな1年でしたでしょうか?

来年が皆様にとって良い年になりますようお祈りしております。
良いお年を。