昨年に神経症とは別件で、十数年ぶりに精神科に行ってたのですが、精神科というのは相変わらずだなというのが印象でした。

びっくりしますね。変化を感じない。
病院で治せるようになるには、まだまだ時間がかかりそうですね。

インターネット上でも、神経症を治す方法として、「雑用」とか「生活に必要なことをどんどんやれ」という話を聞きますが、「それができないからみんな困ってんじゃないの?」と思うのですが。「あるがままで生活する」も同じ。

それらを先に持ってきてしまうと、意識上にずっと張り付いて、しんどくなって動けなくなるというのが個人の経験。それを何度も繰り返す。

私の場合は、気持ちを良くしようと、神経症を治す方法をやめる。すると、かなりきつい鬱や不安がやってくるが、それでも覚悟を決めて、そのまま生活する。

これはかなりきついのですが、不思議なことに、結果として生活がうまく回る。結果として「生活に必要なことをしている」「動けている」という状態です。これが現在続いています。だんだんと生活のコントロールが効くようになりました。

教える側というのは、「これをすれば治りますよ」「これをすれば気分が良くなりますよ」とプラスの面を強調するが、辛い感情の時が勝負ではないのか?と個人的には強く思います。